借り換え可能な条件とは

夫と妻がそれぞれのカードローンで借り入れをしている場合、一つのカードローンにまとめることは可能です。
一つにまとめることでそれぞれで借り入れを行うよりも金額が大きくなり低い金利で借り入れできる可能性が高くなります。
金利が下がり返済総額が減るのでプランの組み方によって毎月の返済金額が少なくなり家計への負担も減ることになります。
さらに夫婦二人がそれぞれ借り入れがあると返済日や返済金額もバラバラで管理しにくいですが一つにまとめることで他の出費を考慮して毎月の家計費プランが立てやすくなります。
家族で複数借り入れがあるより一つの借り入れのほうが気分的にも負担が少なくなるでしょう。
夫婦合算して借り換えをする場合はどちらかの名義で借り入れするようになりますが、専業主婦の場合は限度額や審査の通りやすさから収入のある夫名義で借り入れすることになるでしょう。
審査では夫と妻それぞれの個人信用情報を確認します。
ですから例えば妻が一度も遅延することなく返済していたとしても夫の個人信用情報に滞納などの金融事故履歴があれば審査に通らず借り換えは出来ません。
たとえ金融事故履歴が無いほうの名義で借り換えるとしてもやはり審査は通りません。
借り換える名義にかかわらずあくまでも夫婦ふたり共が審査対象です。
すべてのカードローン会社で夫婦の借り入れを合算できるというわけではなく会社によって違いますので、まずはにカードローン会社連絡して夫婦合算して借り換えが可能かどうかや手続きなどについて相談してみましょう。