妻のローン利用が夫に影響するの?

専業主婦がカードローン会社から借り入れをする際に条件となるのは配偶者に安定した収入があることです。
ですから審査は配偶者の年収や勤務先などが対象になります。
しかし審査で重要な個人信用情報の照会は本人のもののみで、申し込みや借り入れなどの事実の記載も本人の個人信用情報へのみとなります。
個人情報保護法によりカードローン会社の審査といえども家族や関係者など本人以外の個人信用情報の照会は出来できません。
よって配偶者である旦那様の個人信用情報になにか影響するということはありません。
しかしもし妻に悪質な金融事故情報があったりといわゆるブラックの場合は妻が要注意人物とみなされ旦那様がカードローンを申し込んだり利用する際に影響する可能性が高いです。
カードローン会社が個人信用情報を確認する時には氏名・住所・電話番号・生年月日などで借り入れする本人を特定し照合しますが、生計を共にしてる配偶者の場合同じ住所・電話番号・名字で一緒にリストに出てきます。
もし配偶者がブラックであればカードローン会社がリスクを考えて申し込みや借り入れを断ることがあります。
なぜならブラックの人が配偶者の名前を名乗って借り入れをするケースがあるからです。
初めてのカードローン申し込みだったり過去や現在ブラックとみなされていなく健全に返済を行っていれば旦那様の個人信用情報に影響を与えることは全くありません。
もし心配であるなら自分の個人信用情報を開示請求し確認してみてはいかがでしょうか。