配偶者に問題があっても借りれるの?

銀行系のカードローンは、専業主婦の借入条件に配偶者に安定した収入があることとあります。
しかし、基本的には専業主婦本人を見て判断となります。
よって配偶者に借入があっても問題ありません。

 

しかし、家族特に配偶者の信用情報に問題がある場合、全く影響がないとは言えません。
やはり配偶者がブラックであると専業主婦の審査が通らない可能性も出てきます。

 

ブラックとは債務整理・遅延・延滞などが信用情報に載っているということです。
専業主婦がカードローンを申し込む際、氏名、住所、電話番号、生年月日等の個人情報をカードローン会社に知らせます。
カードローン会社は名前だけでなく、これらの個人情報で本人の信用情報を調べます。

 

その際、住所や電話番号を同じとするブラックリストにある配偶者の信用情報も照会された場合、やはり専業主婦本人に問題が無くても、カードローン会社は慎重にならざるを得ないでしょう。

 

専業主婦に収入がなくてもお金が借りられるのは配偶者に安定した収入があってそこから返済が可能と判断しているからです。
配偶者にすでに多額の借入がある、滞納しているなどがあった場合はその妻も返済できないのではないかと判断されてしまう可能性があります。

 

信用貸しである以、必ず返してもらえる人だと判断されなければ貸してはもらえないのですね。

 

30万借入希望を出しても、20万や10万までと減額されたり、配偶者のブラックの内容が悪質だったりすると審査が通らず借入不可となる可能性もあります。
ただし審査の結果も申し込み会社によります。

 

ダメもとで申し込んだらOKだったという人もたくさんいます。
だんながブラックの方は借入希望額を少なく申請して申し込んでみてください。