利用限度額はいくらで設定されているの?

専業主婦が自分名義でお金を借りられる範囲は銀行カードローンによって違いますが、ほとんどが30万円から50万円と定められています

 

カードローンのCMやホームページでは最大500万円まで借りられるという文言があり、誰でも最高その金額まで借りられると錯覚しがちです。
しかし実際は収入や他の借り入れ金額など個人の信用情報を元に審査し、審査によりこの人ならこのぐらい貸してもきちんと返してくれるだろう判断された金額がどんなに高くても500万円までですという意味になります。

 

専業主婦は配偶者にどんなに多くの収入があっても自分自身に収入がないために、最初から融資金額を低めに設定してあるのです。
多く融資すればそれだけ毎月の返済金額が大きくなります。
配偶者の収入のみで生活しながら返済もすることのできる範囲でしか貸し出さないと決めているのです。

 

専業主婦が誰でも30万円から50万円借りられるということではなく、審査次第で20万円までの人や10万円までの人もいます。
あくまで借りられる最高額が30万円から最高でも50万円までということです。

 

30万円まで借りられる人は30万円以内であれば何度でも借入・返済が可能です。
最初に30万円借りて5万円返済した場合、借入金額は25万円になります。
この時点で新たに追加融資としてまた5万円までなら借りられます。

 

必要な金額だけ借りて毎月必ず返済し、追加で借入が必要になっても借りられるようにしておけば安心です。