働いていない場合でも借りれるの?

平成22年6月に貸金業法が強化されました。
主に貸金業者には総量規制により年収の3分の1までの貸付制限、上限金利の20%まで引き下げ等が徹底されました。
特に年収の3分の1までの貸付制限により、以前は借りることが出来た無収入の専業主婦は自分だけでは借りることが出来なくなりました。
無収入の専業主婦が借りる方法が全く無くなってしまったのかというとそうではありません。
総量規制では例外として「配偶者貸付」というものを認めています。
これは、配偶者と合算して二人分の借入が二人分の年収の3分の1まで借入を行うことがで出来るというものです。
専業主婦でその配偶者が450万年収がある場合は、二人合わせて150万まで借入ができるのです。
その際、配偶者の同意と配偶者との婚姻関係を証明する書類(住民票など)、金額により収入をあきらかにする書類が必要となります。
しかし、この総量規制は対象を貸金業者としていますので、貸金業者でなければ、まったく関係ない法律です。
つまり、銀行法に基づき営業している銀行系のローン会社は対象外となります。
総量規制対象外となるカードローンは銀行・信用金庫・農協・ろうきん等のカードローンがあり、これらは年収の3分の1の貸付制限がなく、専業主婦が無収入で借りことが出来る可能性がはるかに高くなります。
配偶者に安定した収入があることが必須ですが、安定した収入とは毎月継続的に入ってくる収入のことで、正社員・アルバイト・パートを問いません。
パート・アルバイトの場合は、週に働く日数や勤務期間の長さが審査対象になる場合もあるようです。
また、すべての総量規制対象外カードローンが無収入の専業主婦の借入可能となっているわけでは無いので、ご注意下さい。