キャッシング会社の審査基準

カードローンに申し込もうと決めたなら、ぜひ審査は通りたいものです。
審査に通らない人には共通点があるようです。
過去に遅延や事故がある。自己破産や過払い金返還請求(ケースによります。)
3か月以上の口座残高不足や延滞です。
いわゆるブラックになると個人信用情報機関に一定期間登録されます。
ブラックでは審査にとおりません。
借りたお金をしっかり返せない人には貸さないのは当然です。
他社での借入しすぎ。現在総量規制により年収の3分の1を借入上限としてます。
これを超える場合は総量規制対象外の銀行系カードローンに申し込みましょう。
他社の借入を隠すことは絶対にしてはいけません。
金融機関は公的組織っで個人の信用情報を持っているので、すぐにわかります。
申し込みブラック、これは短期間にいくつものカード会社に申し込みをする人のことです。
カード会社にしてみると「この人はよっぽどお金に困っているのではないか→回収できないのではないか」となります。
勤続年数が短い。いくら収入が高くても転職を繰り返したり、就職してから日が浅ければ、安定した収入があると判断されない場合もあります。
ローン会社にある程度の期間一定の金利を払い続けられるかを考えると、一年以上長く働いていれば信頼もあがります。
申込書記入ミス、書類不備。そんなことで?と思う人いるかもしれませんが、連絡先の記入ミスで連絡がとれなかったり、嘘をついているのではと疑われる心配もあります。

ローン会社は具体的に審査基準を公開してませんが、貸したお金を将来きちんと返してくれるか信頼できるかを判断しています。