信用情報機関とは

ブラックリストに載っている本人であれば、借りることは難しいです。
いわゆるブラックとは現在3社ある個人信用情報機構のいずれかにマイナスの情報が登録されていることです。
これはカードローン会社が共有し、重要な情報として審査に影響します。
まず、個人信用情報が現在どのようになっているか、確認してみて下さい。
個人信用情報機関は、それぞれ独立しているので、当時どこで借り入れしていたかにより調べる先が変わります。

消費者金融系・・日本信用情報機構

JICC、銀行系・・全国銀行個人信用情報センター

KSC、信販系

指定信用情報機関CIC

となります。
郵送・来店・インターネットなどがあります。旧姓で開示の場合は、戸籍謄本などの旧姓を確認できる書類が必要になり、手数料がかかります。
また旧姓の個人信用情報を確認したことは機構から各金融会社に連絡するわけではありません。
個人信用情報は一定の期間(5年を超えない範囲)で登録されます。
例えば、過去の「延滞」や、延滞した分を完済した場合は「延滞完済」の登録から最長5年は個人信用情報に登録されます。
登録されてから長く立つ場合は末梢されているかもしれません。
ちなみに自己破産は破産決定または免責決定の日から10年くらい、任意整理は5年から7年程です。
結婚後の姓でカードローンを申し込む際に、生年月日、運転免許証の番号等をカードローン会社に報告するので、そこで旧姓と一致し、ほぼ本人と判断されます。
まだ、個人信用情報に金融事故が登録されているなら、審査通過は難しいです。